IoT導入ステップ

①現場要望確認

実際に利用するシーンを確認して最適な仕様を検討します。

用途は様々でリスク回避・リスク低減・生産効率化のためIoT機器を導入する等、最も重視する要望を抽出します。


②センサー選定

センサーとしても多くの種類があるり、取得したいセンシング対象に応じて最適なセンサーを選定します。


③画面仕様決定

画面は効果を考え仕様を決定します。データの保存を行いながら、表示データはユーザビリティの高い仕様に落とし込み最適化します。


④設置・運用開始

IoTを導入する際に最もネックになるのがランニングコストです。実際に導入した際にどの程度の効果が見込めるかわからないことも多いため、クラウドや通信に依存しないシステムの提案も可能です。